信じすぎるとダメになる?占いにつきまとう思考停止のリスクとは

占いは恋愛や仕事のことについて、色々な示唆を与えてくれます。それを受け取った私たちは、その占いが示すとおりに行動するのではなく、それを踏まえて自分で考えて行動しなければなりません。

なぜなら、占いの指示するとおりにしか動けない人間になってしまえば、自分では何もできなくなってしまうからです。

占いを信じすぎるとダメになる?

はっきり申し上げますが、恋愛や仕事のことでいちいち占い師に相談するような人はダメダメです。

それは何故かというと、自分で考えることができていないからです。彼にちょっと冷たくされた、あるいは上司に嫌味を言われた。そういうときには、どうしてそんなことになったのかと、まず真っ先に自分で原因を探るべきなのです。

確かに占いを利用すれば、その原因らしきものを教えてもらえるかもしれません。しかし占いは超能力でもなんでもありませんから、外れることも普通にあります。占いの結果がすべて正しいとは限らないのです。

それなのに、占いを信じ込んで、自分で原因を探ることもせず、ただただ占い師の言うとおりに行動するのでは、その人との関係はさらに悪化していくでしょう。

そしてあなた自身も、占い師の助言がなければ何もできない、考えられない人、思考停止のダメな人になって、周囲からは、おかしな人だなあと見られるようになるでしょう。

占い師に助言をもらうのはいいですが、そこから自分で考えて、自分で答えを出すようにしないといけないのです。それは対面の占いであろうと、電話占いであろうと同じです。

占い師と意見が対立したときは……

占い師の言葉が100%あなたを納得させるとは限りません。ときには、その意見は間違っている、正しくないと感じられることもあるでしょう。

しかし、占いにのめり込んでしまっている人は、自分の意見を無条件に却下します。占い師の言うことはぜんぶ本当だから、指示通りに行動しなければならないと考えているのです。

言うまでもないことですが、占い師の言葉が絶対的に正しいなどということはありません。

占いとは占術を用いた人生相談であり、今までにはなかった新たな視点を与えてくれるというものでしかないのです。

もし占い師が完璧に人を正しい方向へ導くことができるのなら、この世界には成功者しかいなくなるでしょう。しかし実際にはそうはなっていません。占い師はそんな力は持っていないのです。

だからこそ、占いを利用するときには、その占い師の言葉を、あくまでも一つの意見と捉えるべきです。自分と意見が違うときは、どちらが正しいか、あるいはどちらも正しくないか、慎重に検討してください。

そのうえで自分なりの答えを見つけ出すことが重要なのです。