Amazonギフト券売買でカード現金化をするときの注意点とは?

クレジットカード現金化をするなら、Amazonギフト券の売買がおすすめです。Amazonギフト券の換金率は大体80%以上。従来のクレカ現金化業者に依頼するよりも高い割合で現金化をしてもらえます。

しかし、Amazonギフト券の売買には、いくつか注意点があって、それを知らないと換金率が下がる、買い取ってもらえないということもありえます。

「ギフト券の売買について詳しく知りたい」
「購入したギフト券を無駄にしたくない」

そのような方が大半ではないかと思います。そこで当記事では、Amazonギフト券の売買に関する注意点を宜雄紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

Eメールタイプじゃないと換金率が下がる?

Amazonギフト券の売買について、真っ先に申し上げておきたいことは、Eメールタイプ以外のギフト券、たとえばカードタイプや印刷タイプだと換金率が下がる場合もあるということです。

Amazonギフト券は、ギフトコードをアカウントに登録して使用するものですから、形態によって換金率に差を設けることには疑問を感じますが、現に買取業者の中にはカード・印刷タイプの換金率をEメールタイプより1~2%ほど低く設定しているところもあるのです。

したがって、Amazonギフト券の売買を行う際は、基本的にEメールタイプをやりとりしたほうが良いとお考えください。

また、一部業者はEメールタイプのみの買取を行っています。つまりその他の形態のギフト券は買い取ってもらえないということです。

ですから、まずはその業者がどのタイプのギフト券をいくらで買い取っているのかを確認し、買取手続きの手順に目を通し、ギフト券の発行はそのあとにしたほうがよいでしょう。

再発行ができないギフト券は……

再発行不可のギフト券も、換金率が下がる場合が多いです。本来、Amazonギフト券はアカウントに未登録のギフトコードに限り何度でも再発行をすることができます。ですからあなたが自分で発行したギフト券は、「再発行可」であるということになります。

しかし誰かにプレゼントでもらったギフト券は、その贈り主に再発行手続きを依頼せねばなりません。厳密には、その友人や恋人に依頼すれば再発行は可能であるわけですけれども、買取業者は一般にそのようなギフト券は「再発行不可」として扱っています。

それでも換金率は80%程度になることが多いのですが、業者によっては「買取不可」となるケースもありますのでご注意ください。

申請後の発行でないと買い取ってもらえない場合も?

Amazonギフト券買取業者の中には、買取申請後に発行されたギフト券以外は買取を行わないというところもあります。

つまりあなたが今持っているギフト券、売却することを想定してすでに発行してしまったギフト券は、買い取ってもらえないということです。こういうことがありますから、ギフト券発行の前に、買取手続きの確認を行っておいたほうがいいわけですね。

なぜ、買取申請後のギフト券しか買ってくれないのかというと、有効期限の問題があるからでしょう。

明日、明後日で有効期限が切れるようなギフト券を掴まされるリスクを減らすために、そのようなルールを設けているのだと思われます。ちなみに、有効期限までの期間によって換金率に差を設けている業者もあります。できることなら、発行してすぐに売却するような形を採りたいところです。

買取申請後にAmazonギフト券を発行し、それを買い取ってもらう業者を利用する場合、そのギフト券の送付先のメールアドレスは会社指定のものとなります。間違って自分のアドレスにギフト券を送付してしまうと、「買取できません」となる可能性もありますので、注意が必要です。

以上、Amazonギフト券の売買をするときの注意点をご紹介いたしました。ちょっと面倒かもしれませんが、なるべく高くギフト券を売りたいのなら、できることはやりましょう。

最短現金化の方法→【現金化優良店】クレジットカード現金化で安全即日融資の業者2017